院長紹介|保土ヶ谷区のはせがわ内科クリニック

TEL:0453723131
ご意見ご質問はこちらから

院長紹介

ごあいさつ

イメージ

「はせがわ内科クリニック」は平成27年、横浜市保土ヶ谷区新井町に開院いたしました。
私は横浜市立大学医学部を卒業後、大学病院及び関連施設において、専門である消化器疾患に加えて、呼吸器、乳腺、甲状腺疾患等、幅広く診療を行ってきました。これまでの経験と技術を生かし、患者様の健康に関するどのような悩みや問題とも真剣に向き合っていきたいと思います。「何科」で相談したらいいのかわからないことも、是非ご相談ください。的確な診断、治療を実践して、解決していきたいと存じます。
クリニックでの診療に求めるものは、「具合の悪いところを治す」ことはもちろんですが、患者様によって少しずつ異なってきます。私は患者様ひとりひとりのお話をしっかりとお聞きし、様々なご希望・ご期待にお答えすることで、高い「満足」を提供することを目指しています。「受診していて良かった」と感じていただけるクリニックでありたいと考えております。
地域の皆様に信頼される「かかりつけ医」として頑張っていきますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。また、隣接するうめもと整形外科と連携を取り、地域の皆様の健康に貢献していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

» 院長のインタビューはこちら

院長/医学博士 長谷川 慎一

院長紹介

略歴

  • 埼玉県立熊谷高等学校卒業
  • 横浜市立大学医学部卒業
  • 国家公務員共済組合連合会横浜南共済病院
  • 横浜市立大学附属病院
  • 横浜市立大学附属市民総合医療センター
  • 横浜市立港湾病院
  • 神奈川県立がんセンター
  • 神奈川県立足柄上病院
  • 医療法人社団恵生会上白根病院

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本小児科学会
  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本胃癌学会
  • 日本癌治療学会

資格

  • 博士(医学):横浜市立大学
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医
  • 難病指定医

業績

論文
著者・論文タイトル・掲載誌
Hasegawa S, Yoshikawa T, Rino Y, et al. Priority of lymph node dissection for Siewert Type II/III adenocarcinoma of the esophagogastric junction. Ann Surg Oncol 20:4252-4259, 2013
Hasegawa S, Yoshikawa T, Shirai J, et al. A prospective validation study to diagnose serosal invasion and nodal metastases of gastric cancer by multidetector-row CT. Ann Surg Oncol 20:2016-2022, 2013
Hasegawa S, Yamamoto Y, Taguri M, et al. A Randomized Phase II Trial of Omentum-Preserving Gastrectomy for Advanced Gastric Cancer. Jpn J Clinic Oncol 43:214-216, 2013
Hasegawa S, Yoshikawa T, Aoyama T, et al. Esophagus or stomach? The 7th-TNM classification for Siewert Type II/III junctional adenocarcinoma. Ann Surg Oncol 20:773-779, 2013
Hasegawa S, Kunisaki C, Ono H, et al. Omentum-preserving gastrectomy for advanced gastric cancer: a propensity-matched retrospective cohort study. Gastric Cancer 16:383-388, 2013
Hasegawa S, Yoshikawa T. Adenocarcinoma of the esophagogastric junction: The incidence, characteristics, and treatment strategy. Gastric Cancer13:63-73, 2010
Hasegawa S, Yoshikawa T, Cho H, et al. Is Adenocarcinoma of the Esophagogastric Junction Different between Japan and Western Countries? The Incidence and Clinicopathological Features at a Japanese High-Volume Cancer Center. World J Surg 33:95-103, 2009
Hasegawa S, Yoshikawa T, Yamamoto Y, et al. Long-term Outcome After Hernia Repair with Prolene Hernia System. Surg Today 36:1058-62, 2006
長谷川慎一, 吉川貴己. 食道胃接合部腺癌に対する化学放射線療法 -欧米におけるこれまでの治療開発とわが国における放射線療法の果たす役割.臨床外科68(4): 434-439, 2013
長谷川慎一. High-Volume CenterとCommunity Hospitalの患者背景の相違を考慮したユニットパスの作成と運用 -がん診療の均てん化を目指して-.日本クリニカルパス学会誌11(2):145-151, 2009
長谷川慎一,吉川貴己, 吉田達也, 他.胃癌乳腺転移の1例. 癌と化学療法, 34(7):1115-1118, 2007
長谷川慎一,伊藤宏之, 乾健二, 他.心タンポナーデで発症した胸腺癌の1例.癌と化学療法33(1):79-82, 2006
長谷川慎一,赤池信, 山本裕司, 他.l-Leucovorin, 5FU併用療法の進行結腸・直腸癌に対する投与方法別の有用性に関する検討. 癌と化学療法, 31(5):729-733, 2004
長谷川慎一,和田修幸, 乾健二, 他. AMESによる甲状腺分化癌の遠隔成績.乳腺・甲状腺外科 Practical discussion 14:78-83, 2004
長谷川慎一,山本裕司, 石和直樹, 他.胃小細胞癌の1例. 癌と化学療法, 30(7):999-1002, 2003
長谷川慎一,山本裕司, 石和直樹, 他.Doxorubicin Hydrochloride動注療法が奏効した右乳癌胸壁再発の1例. 癌と化学療法, 29(12):2399-2401, 2002
長谷川慎一,山本裕司, 石和直樹, 他.CAF療法が奏効した右乳癌胸壁再発の1例. Therapeutic Research, 23(9):1854-1856, 2002
受賞歴
第1回神奈川胃癌治療研究会 Young Investigator’s Award, 「Siewert分類からみた食道胃接合部腺癌の特徴と治療戦略 -欧米との類似点と相違点」
The 9th International Conference of the Asian Clinical Oncology Society (ACOS), Young Investigator’s Award, Adenocarcinoma of the Esophagogastric junction at a Japanese High-Volume Cancer Center
学会発表
発表者、演題名 学会名 開催地
Hasegawa S, Yoshikawa T, Cho H, et.al. Priority of lymph node dissection for Siewert Type II/III adenocarcinoma of the esophagogastric junction. The 10th International Gastric Cancer Congress, 2013.6 Verona, Italy
Hasegawa S, Yoshikawa T, Cho H, et al. Adenocarcinoma of the Esophagogastric junction at a Japanese High-Volume Cancer Center. The 9th International Conference of the Asian Clinical Oncology Society, oral session, 2010.8 Gifu, Japan
Hasegawa S, Yoshikawa T, Cho H, et al. Incidence, Characteristics, and Treatment Strategy for adenocarcinoma of the esophagogastric junction based on Siewert classification ―From the experience of a Japanese High-Volume Cancer Center. The 8th International Gastric Cancer Congress, Symposium, 2009.6 Krakow, Poland
長谷川慎一, 吉川貴己, 佐藤勉, 他.再発形式から見た食道胃接合部腺癌の治療戦略. 第66回日本消化器外科学会総会, 2013.7 宮崎
長谷川慎一, 吉川貴己, 内山護, 他.感染性合併症は食道胃接合部癌根治切除例の長期予後に影響を及ぼすか. 第113回日本外科学会定期学術集会, 2013.4 福岡
長谷川慎一, 吉川貴己, 内山護, 他.郭清効果indexからみた食道胃接合部腺癌進行例に対する大動脈周囲リンパ節郭清の意義. 第85回日本胃癌学会総会, 2013.2 大阪
長谷川慎一, 吉川貴己, 藤川寛人, 他.Siewert Type II食道胃接合部腺癌進行例における郭清すべきリンパ節. 第50回日本癌治療学会学術集会, 2012.10 横浜
長谷川慎一, 村上崇, 白井順也, 他.進行胃癌における大網温存は許容されるか-Propensity-score マッチング法を用いた後方視的コホート研究. 第112回日本外科学会定期学術集会, 2012.4 幕張
長谷川慎一, 吉川貴己, 村上崇, 他.新TNM分類は日本の食道胃接合部腺癌の予後を反映するか ―Siewert TypeII/IIIにおけるvalidation study. 第84回日本胃癌学会総会(ワークショップ), 2012.2 大阪
長谷川慎一, 吉川貴己, 長晴彦, 他.郭清効果Indexから考えるSiewert TypeII/III食道胃接合部進行腺癌での郭清すべきリンパ節. 第73回日本臨床外科学会総会(シンポジウム), 2011.11 新宿
長谷川慎一, 門倉俊明, 澤田雄, 他.胃癌術前リンパ節転移診断におけるFDG-PET/CTの意義. 第19回日本消化器関連学会週間(JDDW), 2011.10 福岡
長谷川慎一, 吉川貴己, 青山徹, 他.Siewert分類からみた食道胃接合部癌の特徴  ―TNM-7th による分類の問題点. 第66回日本消化器外科学会総会(パネルディスカッション), 2011.7 名古屋
長谷川慎一, 宮本洋, 浅野忠雄, 他.腹腔鏡下胃癌手術における問題点 -進行胃癌における大網温存は許容されるか. 第111回日本外科学会定期学術集会, 2011.5 東京
長谷川慎一, 吉川貴己, 浅利昌大, 他.MDCTによる客観的な診断基準を用いたT/N診断 -一般病院における正確性の評価. 第83回日本胃癌学会総会(パネルディスカッション), 2011.3 三沢
長谷川慎一, 大島貴, 藤井正一, 他.外来がん薬物療法における真のアウトカムとクリニカルパスの果たす役割 -当院におけるアンケート調査の結果から. 第10回日本クリニカルパス学会学術集会(パネルディスカッション), 2010.12 松山
長谷川慎一, 吉川貴己, 長晴彦, 他.食道胃接合部癌の進行腺癌の治療成績から考える集学的治療の展望. 第48回日本癌治療学会総会, 2010.10 京都
長谷川慎一, 吉川貴己, 円谷彰.胃癌治療ガイドライン第 3版において Keyとなる術前進行度診断 MDCTを用いた客観的 T/N診断の Validatonと術前化学療法対象症例の適切な選別. 第18回日本消化器関連学会週間(プラクティスアワー), 2010.10 横浜
長谷川慎一, 野間大督, 吉田達也, 他. ULTRAPRO Plug(UPP)を用いた鼠径ヘルニア修復術の術後疼痛に関するProspective Observational Study. 第65回日本消化器外科学会総会, 2010.7 下関
長谷川慎一. Siewert分類からみた食道胃接合部腺癌の特徴と治療戦略 -欧米との類似点と相違点. 第38回神奈川胃癌治療研究会, 2010,7 横浜
長谷川慎一, 野間大督, 吉田達也, 他. ULTRAPRO Plug(UPP)を用いた鼠径ヘルニア修復術の術後疼痛に関する Prospective Observational Study-第一報. 第8回日本ヘルニア学会学術集会(ラウンドテーブルディスカッション), 2010.4 浦安
長谷川慎一, 吉川貴己, 山田貴允, 他. 術前化学療法の対象選別のためのT/N診断 -MDCTを用いた術前進行度診断のProspective Validation Study. 第82回日本胃癌学会総会(ワークショップ), 2010.3 新潟
長谷川慎一, 吉川貴己, 山田貴允, 他. 郭清効果indexからみた食道胃接合部腺癌に対する脾摘の意義. 第82回日本胃癌学会総会(ワークショップ), 2010.3 新潟
長谷川慎一, 野間大督, 吉田達也, 他. ULTRAPRO Plug(UPP)を用いた鼠径ヘルニア修復術の術後疼痛に関する Prospective Observational Study. 第1回神奈川ヘルニア研究会, 2010.2 横浜
長谷川慎一, 吉川貴己, 野間大督, 他. 食道胃接合部癌における脾摘の意義. 第37回神奈川胃癌治療研究会, 2009.12 横浜
長谷川慎一.何のための記録か?~患者を中心としたパス記録にするために、今考えなくてはならないこと. 第9回日本クリニカルパス学会学術集会(ワークショップ), 2009.12 岐阜
長谷川慎一, 野間大督, 吉田達也, 他.クリニカルパスによる高齢者胃癌の術後管理-ユニットパスによる工夫とその運用成績. 第71回日本臨床外科学会総会(サージカルフォーラム), 2009.11 京都
長谷川慎一, 吉川貴己, 山田貴允, 他. Siewert分類からみた食道胃接合部癌の特徴と治療戦略―欧米との類似点と相違点. 第64回日本消化器外科学会総会(パネルディスカッション), 2009.7 大阪
長谷川慎一. QOLからみた鼠径ヘルニア手術. 第64回日本消化器外科学会総会(ランチョンセミナー), 2009.7 大阪
長谷川慎一, 野間大督, 吉田達也, 他. クリニカルパスによる高齢者胃癌の術後管理-ユニットパスによる工夫とその運用成績. 第36回神奈川胃癌治療研究会, 2009.7 横浜
長谷川慎一, 吉川貴己, 山田貴允, 他.S-1補助化学療法後の胃癌術後再発に対する治療戦略. 第7回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2009.3 名古屋
長谷川慎一, 山田貴允, 長晴彦, 他.結腸前経路による胃全摘Roux-en Y再建術の忍容性と安全性に関する前向き研究. 第81回日本胃癌学会総会(ワークショップ), 2009.3 東京
長谷川慎一, 野間大督, 西山幸子, 他.QOLからみたPHS法によるヘルニア修復術の長期成績 -最近のエビデンスに基づいた工夫. 第70回日本臨床外科学会総会, 2008.11 東京
長谷川慎一, 野間大督, 西山幸子, 他.当院における胃がん・大腸がんユニットパスの導入とその評価. 第70回日本臨床外科学会総会(サージカルフォーラム), 2008.11 東京
長谷川慎一, 野間大督, 吉田達也, 他.High-Volume Cancer CenterとCommunity Hospitalの患者背景の相違を考慮したクリニカルパスの作成と運用 -がん診療の均てん化を目指して. 第9回日本クリニカルパス学会学術集会(パネルディスカッション), 2008.11 大宮
長谷川慎一, 野間大督, 吉田達也, 他.高齢者に対するFOLFIRI療法の安全性に関する検討. 第45回癌治療学会総会, 2008.11 名古屋
長谷川慎一. PHSによるヘルニア修復術 -QOLを中心に. 第6回横浜低侵襲手術研究会, 2008.9 横浜
長谷川慎一, 野間大督, 吉田達也, 他.当院における早期胃癌に対する腹腔鏡下幽門側胃切除術 ~#6郭清手技の実際. 第34回神奈川胃癌治療研究会, 2008.7 横浜
長谷川慎一, 吉川貴己, 土田知史, 他.Siewert分類に基づく食道胃接合部腺癌の特徴と予後から見た治療戦略. 第80回日本胃癌学会総会(パネルディスカッション), 2008.2 横浜
長谷川慎一, 吉川貴己, 土田知史, 他.NACの適応症例の選別でKeyとなる術前進行度診断. 第80回日本胃癌学会総会(ワークショップ), 2008.2 横浜
長谷川慎一.Prolene Hernia System(PHS)を用いたヘルニア修復術の長期成績. ヘルニアソリューションセミナー, 2008.2 横浜
長谷川慎一, 稲垣大輔, 吉田達也, 他.新規抗癌剤使用下での高度進行胃癌に対する減量手術. 第32回神奈川胃癌治療研究会, 2007,7 横浜
長谷川慎一, 吉川貴己, 長晴彦, 他.胃癌術前診断におけるMultidetector-row Helical CTの有用性. 第62回日本消化器外科学会定期学術総会, 2007.7 新宿
長谷川慎一, 吉川貴己, 長晴彦, 他.胃癌術前診断におけるMultidetector-row Helical CTの有用性. 第107回日本外科学会定期学術集会, 2007.4 大阪
長谷川慎一, 吉川貴己, 長晴彦, 他.Siewert分類からみた食道胃接合部癌の臨床病理学的特徴に関する検討. 第79回日本胃癌学会総会, 2007.3 名古屋
長谷川慎一, 吉川貴己, 長晴彦, 他.当科における胃癌治療の周術期管理. 第79回日本胃癌学会総会, 2007.3 名古屋
長谷川慎一, 長晴彦, 吉川貴己, 他.Siewert分類からみた食道胃接合部癌の臨床病理学的特徴に関する検討. 第31回神奈川胃癌治療研究会, 2006,12 横浜
長谷川慎一, 吉川貴己, 長晴彦, 他.胃癌術後晩期再発症例の検討. 第68回日本臨床外科学会総会, 2006.11 広島
長谷川慎一, 吉川貴己, 長晴彦, 他.Siewert分類からみた噴門部早期癌の臨床病理学的特徴に関する検討. 第44回日本癌治療学会総会, 2006.10 新宿
長谷川慎一, 吉川貴己, 大佛智彦, 他.食道浸潤胃癌に対する外科治療に関する検討. 第61回日本消化器外科学会総会, 2006.7 横浜
長谷川慎一, 吉川貴己, 長晴彦, 他.胃癌術後晩期再発症例の検討. 第30回神奈川胃癌治療研究会, 2006.7 横浜
長谷川慎一, 吉川貴己, 大佛智彦, 他.噴門部癌の臨床病理学的特徴に関する検討. 第31回日本外科系連合学会学術集会, 2006.6 金沢
長谷川慎一, 吉川貴己, 大佛智彦, 他.噴門部癌のSiewert分類による臨床病理学的検討. 第78回日本胃癌学会総会, 2006.3 大阪
長谷川慎一, 吉川貴己, 村上仁志, 他.当科における胃癌術前化学療法の経験. 第29回神奈川県癌治療懇話会, 2006.2 横浜
長谷川慎一, 吉川貴己, 大佛智彦, 他.胃癌根治術後13年経過して多発骨転移をきたした1例. 第29回神奈川胃癌治療研究会, 2005.12 横浜
長谷川慎一, 伊藤宏之, 乾 健二, 他.術前導入放射線化学療法が奏効した局所進行非小細胞肺癌の1例. 第46回日本肺癌学会総会, 2005.11 幕張
長谷川慎一, 吉川貴己, 大佛智彦, 他.胃癌根治術後13年経過して多発骨転移をきたした1例. 第67回日本臨床外科学会総会, 2005.11 品川
長谷川慎一, 吉川貴己, 大佛智彦, 他.生存期間からみた胃癌化学療法におけるレシスト標的病変の意義. 第43回癌治療学会総会, 2005.10 名古屋
長谷川慎一, 山本裕司, 伊藤宏之, 他.Prolene Hernia System(PHS)を用いたヘルニア修復術の術後愁訴に関する検討. 第60回 日本消化器外科学会定期学術総会, 2005.7 品川
長谷川慎一, 吉川貴己, 村上仁志, 他.胃癌乳腺転移の1例. 第28回神奈川胃癌治療研究会, 2005.7 横浜
長谷川慎一, 伊藤宏之, 乾健二, 他.局所進行非小細胞肺癌に対する術前導入放射線化学療法. 第42回癌治療学会総会(ワークショップ), 2004.10 京都
長谷川慎一, 山本裕司, 安藤耕平, 他.消化器外科領域におけるクリニカルパスの臨床効果~ 経営から見たクリニカルパス導入の功罪. 第59回日本消化器外科学会定期学術総会, 2004.7 鹿児島
長谷川慎一, 伊藤宏之, 乾健二.若年で発見された浸潤性胸腺腫の1例. 第130回日本胸部外科学会地方会, 2004.6 東京
長谷川慎一, 伊藤宏之, 乾健二, 他.鈍的胸部外傷による気管・気管支損傷の3手術例. 第21回日本呼吸器外科学会総会, 2004.5 横浜
長谷川慎一, 山本裕司, 伊藤宏之, 他.Bilayer Patch Device(PHS)を用いたヘルニア修復術の長期的なQOLに関する検討. 第104回日本外科学会定期学術集会(サージカルフォーラム), 2004.4 大阪
長谷川慎一, 和田修幸, 乾健二, 他.AMESによる甲状腺分化癌の遠隔成績. 神奈川乳腺甲状腺研究会第20回横浜カンファレンス, 2004.3 横浜
長谷川慎一, 伊藤宏之, 乾健二, 他.心タンポナーデで発症した胸腺癌の1例. 第129回日本胸部外科学会地方会, 2004.2 幕張
長谷川慎一, 山本裕司, 石和直樹, 他. 大量下血を繰り返した膵管出血の1例. 第65回日本臨床外科学会総会, 2003.11 福岡
長谷川慎一, 山本裕司, 石和直樹, 他.N2胃癌症例の検討. 第41回癌治療学会総会, 2003.10 札幌
長谷川慎一, 山本裕司, 石和直樹, 他.胃癌手術症例における医療費の検討 -POSSUM scoreは医療費の予測に有用である-. 第103回日本外科学会定期学術集会, 2003.6 札幌
長谷川慎一, 山本裕司, 石和直樹, 他.胃癌腹膜再発に対する外科治療の経験. 第23回神奈川胃癌治療研究会, 2002.12 横浜
長谷川慎一, 赤池信, 山本裕司, 他.アイソボリン/5FU併用療法の進行結腸・直腸癌に対する投与方法別の有用性に関する検討. 第40回日本癌治療学会総会(プレナリーセッション), 2002.10 東京
長谷川慎一, 山本裕司, 石和直樹, 他.塩酸ドキソルビシン動注療法が奏効した右乳癌胸壁再発の1例. 第24回日本癌局所療法研究会, 2002.7 横浜
長谷川慎一, 山本裕司, 石和直樹, 他.当院におけるN2胃癌症例の検討. 第22回神奈川胃癌治療研究会, 2002.7 横浜
長谷川慎一, 山本裕司, 石和直樹, 他.CAF療法が奏効した右乳癌胸壁再発の1例. 第1回神奈川乳癌骨転移治療研究会, 2002.6 横浜
長谷川慎一, 山本裕司, 小柳匡史, 他.診断に難渋した大量下血症例の検討. 第103回神奈川県臨床外科学会集談会, 2002.3 三浦
長谷川慎一, 山本裕司, 佐藤勉, 他.胃小細胞癌の一例. 第21回神奈川胃癌治療研究会, 2001.12 横浜
長谷川慎一, 山本裕司, 佐藤勉, 他.腸重積をきたした小腸血管腫の一例. 第101回神奈川県臨床外科学会集談会, 2001.10 横浜
PAGETOP