大腸内視鏡検査|保土ヶ谷区のはせがわ内科クリニック|大腸がん

TEL:0453723131
ご意見ご質問はこちらから

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査とは

イメージ

大腸内視鏡検査は、内視鏡を肛門から挿入し、直腸から盲腸までの炎症、ポリープ、がんなどの病変を調べるのに使われる検査機器です。
大腸粘膜の色調変化もとらえることができるため、早期病変の発見も可能です。病変が見つかった場合は、生検(組織の顕微鏡検査)が可能です。また希望者には、検査中にポリープの切除術を行うことができます。

大腸内視鏡検査受診時の注意事項

検査前日

  • ひじき、わかめ、こんにゃく、きのこ類など繊維質の多い食品は控えるようにしてください。
  • 夕食は午後9時頃までに、消化の良いものを軽めに摂ります。
  • 寝る前に下剤の内服があります。

検査当日

  • 指示通りに下剤の内服を行います。
  • 検査が終わるまで、食事はできませんが、水やお茶はかまいません。
  • ご自身で自動車やバイク、自転車などを運転してのご来院は、なさらないでください。

検査の手順

検査直前の準備

お通じの状態を看護師がお聞きします。血圧を測ってお待ちください。
準備ができましたら、検査室に入って着替えをします。

大腸内視鏡検査検査の流れ

1.ご希望の方には鎮静剤を投与(注射)します。
2.左側を下にしてベッドに横になり、検査が始まります。
3.肛門から内視鏡を挿入します。
4.医師がモニターに映る大腸の内部を、隅々まで観察します。
5.検査は約20-30分で終了します。
※検査中はできるだけ体の力を抜き、リラックスしてください。

検査後

  1. 検査が終わったら横になって休んでいただきます。
    ※検査の際に腸内に空気が入ってお腹が張ってくるので、ガスを出してください。
  2. 当日に外来にて検査結果をお伝えします。病理検査の結果は後日になります。
    ※診療が終了すれば、飲食可能です。

こんな症状には大腸内視鏡検査をお勧めします

  • 便秘気味、下痢が多い、便秘と下痢を繰り返す
  • よくおなかが張る、おなかが痛む
  • 便潜血検査で陽性だった、血便がある
  • 貧血がある
  • 40歳以上で、まだ大腸検査を受けたことがない
  • 血縁者に大腸がんの方がいる
  • 以前ポリープがあり、1年以上検査を受けていない など

大腸内視鏡検査で発見される消化器系の病気

大腸内視鏡検査は、以下のような疾患の検査・診断に有効です。

  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎など)
  • 大腸憩室症(腸管内壁の一部が外側に向かって袋状に飛び出した状態)
  • 虚血性腸炎(大腸の血流障害によって大腸粘膜に炎症や潰瘍が生じ、突然の腹痛や下痢、下血をきたす疾患) など

当院では、大腸ポリープ切除を「日帰り」で行っています。

希望される方には、内視鏡検査中に発見したポリープをその場で切除可能な場合もあります。予約時に医師から「同時切除」希望の有無をお尋ねしています。

PAGETOP